仮想Webサーバ「MAMP for Mac」のインストール方法

web制作

Macのローカルに、Apache、PHP、MySQLを簡単にまとめてインストールできる仮想Webサーバアプリケーション「MAMP」のMac版のインストール方法をご紹介します。

なお、MAMPのバージョンは、記事執筆時の「4.1.1」となります。

ダウンロード

MAMP & MAMP PRO
MAMP installs a local server environment in a matter of seconds on your Mac or Windows computer

上記URLから公式サイトを開きます。

MAMP
「FREE版」の「DOWNLOAD」ボタンをクリック

MAMP
ダウンロードページが開いたら、最新版の「Download」ボタンをクリックすると、インストーラ「MAMP_MAMP_PRO_4.1.1.pkg」のダウンロードが始まります。

インストール

ダウンロードした「MAMP_MAMP_PRO_4.1.1.pkg」をダブルクリックします。

MAMPインストール画面1
「続ける」をクリック

MAMPインストール画面2
「続ける」をクリック

MAMPインストール画面3
使用許諾契約を読んで「続ける」をクリック

MAMPインストール画面4
使用許諾契約に同意したら「同意する」をクリック

MAMPインストール画面5
「カスタマイズ」をクリック

MAMPインストール画面6
「MAMP PRO」はインストールしないので、チェックがついていたらチェックを外して「インストール」をクリック

MAMPインストール画面7
インストールが始まります

MAMPインストール画面8
この画面になったら「閉じる」をクリックして、インストール完了!

MAMPを起動

「アプリケーション」フォルダにある「MAMP」フォルダ内の「MAMP.app」をダブルクリックすると、ウィンドウが開きます。

MAMP起動画面1
「サーバを起動」をクリック

MAMP起動画面2
このウィンドウが出たら「許可」をクリック
ここで、パスワード入力画面が表示されたら、ログインアカウントのパスワードを入力します。

MAMP起動画面3
起動に成功すると、デフォルトブラウザにこのページが表示されます。

phpMyAdminの有効化

MAMP起動画面4
phpMyAdminは、インストール直後にはPHPのバージョンにより使用できない設定になっていますので、PHPのバージョンを切り替える必要があります。

phpMyAdmin有効化手順1
アプリケーションウィンドウから「Preferences…」をクリック

phpMyAdmin有効化手順2
「PHP」タブにあるPHPのバージョンを「7.0.15」へ変更し「OK」をクリック

phpMyAdmin有効化手順3
サーバが再起動されるので、再起動が完了したらスタートページをリロードすると、phpMyAdminが起動できるようになっています。

その他設定

MAMP PROのチェックを外す

MAMP PROのチェックを外す
アプリケーションウィンドウから「Preferences…」をクリックし、「Start/Stop」タブにある「Check for MAMP PRO」のチェックを外します。

Document Rootを変更する

Document Rootの変更
アプリケーションウィンドウから「Preferences…」をクリックし、「Web Server」タブにある「Document Root:」の横にあるフォルダアイコンをクリックして変更することができます。

まとめ

ローカルの仮想Webサーバは、Homebrewなどを使用してしっかり構築するといろいろ手間や工数がかかりますが、ささっと作りたい場合はMAMPが便利です。

MAMP & MAMP PRO
MAMP installs a local server environment in a matter of seconds on your Mac or Windows computer

もちろん、凝ったことをしたりきちんとした環境を作成する場合は、Homebrewなどを使用してください。

Homebrew
The missing package manager for macOS.